ロックでなし☆おやじのストラト三昧

Charとリッチーブラックモアとストラトキャスターが三度の飯より好きなおやじのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ブラックナイト リッチーブラックモア伝

63159-9.jpg


いゃー すごい本が出たもんだ。
ブラックナイト、リッチーブラックモア伝!

今まで、リッチー、パープル、レインボーについての書籍が出ていて大体は読んでいたんだけど、これは決定版やね。

今までのやつはどちらかというと持ち上げてばかりのものだったんだけど、これはかなり正確で深いところまで書いてある。

バンドの商業的なところなんかも正確に書いてあるし、そこで起こっていた事もかなり詳しく乗っていて新しい発見なんかもあった。

読んでみると彼の時代の波を読む視点の正確さ、そして何よりも強引なまでに自分のやりたいことに正直であったことが分かる。

バンドを結成する、脱退する、解散する、また新しいバンドを結成する、その時々を時系列に読んでいくと彼のやりたかった事にとても正直に判断し行動していることが分かる。

それが時として強引で周りとの確執となっていく。

しかしそれを作っている核となるものはとてもシャイな性格だ。自分も高校のとき、そんな彼の性格おもまねていた思い出もよみがえってきた。

久々に彼のギターを聴きたくなってきた。



別窓 | リッチーブラックモア | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

帰ってきたストラト!

741.jpg

71.jpg


帰ってきましたー

2台のストラト。74年とジャパンの71仕様

74年はだいぶ感じも変わったよん。
ブラックモアのメインストラトにドンズバになりました。

743.jpg


ピックアップはシェクターF-500!
今のセイモアダンカンのSSL-4とはポールピースの感じが違います
今のブラックモアのコピーストラトを見てしっくり来なかったんだよねー
センターPUは結線してないです。

次に

742.jpg


ノブをブラックパーツへ
マスターボリューム! このパーツもブラックモアファンの師匠に頂きました。内部はジョンドークのマスターサーキットにはなってないっす。音色には変わんないからいいかと。
またスイッチのスプリングを伸ばし、切り替えを軽くしました。

ネックは

744.jpg


リッチー仕様のスキャロップ、12フレットのポジションマークを削ってます。そしてフレットはジムダン6100番。Rをフラットに仕上げてあります。

いゃー入魂の1本になりました。音の感じはダウントゥアースに近いかな。結構ザクザクとした音です。まだ楽器屋でしか引いていないのでスタジオで弾くのが楽しみです。

ひとつ夢がかないました。

余ったスタッカートPUをジャパン71仕様に付けてみました。
こちらも前より低音の粘りが増えた感じ。74年よりオールラウンドに使えそう。

しかしコレやっていて思ったんだけど、おいらストラト好きなんだなー

見ているだけで幸せっす。


別窓 | リッチーブラックモア | コメント:3 | トラックバック:0
∧top | under∨

74年 ラージヘッド

20070815014656.jpg


愛しい娘、3台目を紹介しまーす。

おいらが持ってる唯一のオールド!74年製、ホワイト/ローズ、アッシュボディ、スタッカードピックアップ、おまけにナローネック!
まんまリッチー仕様デヤンス。

なんかオールドは敷居が高く敬遠してたんだけど、連れの74年ストラトを悲歌させてもらったら、とてもネックも細く弾き易くて、自分も欲しくなって探してたんだよね。

この娘去年買ったんだけど、

たまたま近くの楽器屋にシールドを買いに行ったときに、74年探してるんだー、って言ったら「あるよ」だつて。

仕様もドンズバだったので一週間くらい迷って、男の36回払いで購入

縁だよねーっていうか執念かもね。
  
20070815014712.jpg


ってな事デー

即、工房に持ち込んでスキャロップしましたー。
オールドの価値としては全損だけど、それやるために買ったんだもんねー

フレットもジムダンの6100番ということで。レインボーオンステージ仕様にしました。

買ったときはギャンギャンの音だったんだけども、ネック組み込み調整、シムも入れてもらってからは、とてもイイカンジで鳴く娘になりましたー。

ほんでもって、シェクターのF-500をあるリッチーマニアの神様といわれる人のつてで、これまたリッチーをコピーさせたら日本一といわれる方から譲っていただきましたー。

ありがたやー、
f-500.jpg


今のブラックモアモデルはダンカンがついてるけど、当時のリッチーはシェクターだったんだよね。それも現在はモンスタートーンになってF-500は廃版とくりゃ、装着しなくチャーね。

つーことで、現在入院中ー。

ダウントゥーアース仕様で戻って参りやーす。

楽しみ楽しみ。
別窓 | リッチーブラックモア | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨

ディープパープル ライブインジャパン

050.jpg


ディープパープル ライブインジャパン

俗に言う黄金期 第二期のメンバーのライブアルバム

高校のときに連れから借りて以来、パープルの虜です。

歪んだハモンド、リッチーのギター、ペイスのシンコペの効かせたスィングドラム、ギランのシャウト、ハードロックの甘みがギュウギュウニ詰まってる。

このアルバムがロック初体験だったのでその後聞いたレッドゼップとブラックサバスがなんか重くて、かったるかった記憶があります。だんだんと大人になるにつれ良くなってきたんだけどね。

てっな事で!


1.png


このアルバムでリッチーが使っていた1971年ワンピースネックのストラト


のコピーモデル。

この娘、4年くらい前に東京のレインボー有限会社で購入。
指板のスキャロップは6弦にいくにしたがって浅くなるリッチータイプ
オマケにナローネック。
ピックアップは本家カスタムショップ製
オールラッカー仕上げ(本物はポリ塗装)

それに某リッチーファンサイトから購入した極太アームを装着して、ドンズバ仕様にいたしました。

このアーム、長さ、太さ、曲がり具合、とても良いんすょ。




実はアームフェチな私。

こだわります。

でもこの娘。ちょっとレンジが狭く感じて今はあんまり使ってないっす。

ピックアップでも変えよっかなー。

んじゃまたー!









別窓 | リッチーブラックモア | コメント:6 | トラックバック:0
∧top | under∨
BACK | ロックでなし☆おやじのストラト三昧 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。