ロックでなし☆おやじのストラト三昧

Charとリッチーブラックモアとストラトキャスターが三度の飯より好きなおやじのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

機材フェチ

20090205225818.jpg

昔、模型にこっていた。30代のころ。
作っていたのはF1のメタルキット。メタルキットとは素材がプラスチックではなく金属で出来ている。
何がいい好きだったかというと、F1ってグランプリ毎に仕様か少し筒違うんです。

ウィングの角度とか、 
そこをできるだけ忠実に模型にしているのがメタルキットなんです。たとえばマクラ―レンMP4/4
日本グランプリ仕様とか、同じ車種でもいろいろGPの仕様がでている車もある。
そんなところが堪らなく好きだった。 好きなシリーズは全部揃えた。

そんな性癖?が音楽をやっていても顔を出す。
リッチ―をやっていれば74年ストラトをかってドンズバに改造したくなる。
Charをやっていくとなると、、、、   こうなるわけであります。

これは音の追求とは少し違うかもって思い始めた。
だって美味い人って、何使っても、いい音出しちゃうし、似た音出しちゃう。

自分はそんな腕も耳も無いので同じ機材が手っ取り早い。
がやっていることって、そんなことではなく模型の世界と同じ事をやっているのではないかな?

そんな気がしてきた。

20090205225833.jpg

てな事で、D-tube
アンプの上に乗っかっている小箱のことであります。
charさん、copicatっていうテープエコーを使用していて、それをプリアンプとして歪をつくっている。
しかしcopicatってものすごくレアで又壊れやすい(らしい)
それじゃ、作にましょうって、グラウンワイドさん
真空管をつかって音的にはドンズバのもの。
そんなものを見ると自分の性癖が見逃すわけには行かない!

ってなことでつかうと、低音の出方がまず違う。ゴリゴリしてくる。SAVE IT FOR A RAINY DAY のイントロのあの感じ。
そして歪の仕方が良い。クリアな歪。弦の一本一本の分離が良い。
ケンタウルスを踏まなくても音が伸びる。
そんな感じ。charさんの今の音が手に入る小箱。
グラウンワイドサンの心意気を感じる一品。

そんな事で、またまたいろいろと放出しなきゃ

とほほ。
別窓 | Char | コメント:8 | トラックバック:0
∧top | under∨

チャ―とチャーハン

KC380119.jpg

さて、今年もそろそろ終わり近くなり、平成大不況のあおりをくらいまくりの最近。
ぱーっと明るくいくぞー、ってなことでモチリソサンと東京へ

向かった先は原宿クロコダイル、
お世話になっている、楽器屋さんグラウンワイドサンの忘年会です。

といっても並みの忘年会ではなく、なんとJLCのライブです。

JLCは昨年、グラウンワイドさん主催のジョニーさんのバースディパーティ、この間の野音と再結成したのですが、なかなか遠方でもありいけなかったのですが、今回は縁があり参戦できることとなりました。グラウンワイドさん、感謝感謝です。
20081221170016.jpg

モチリソサンと渋谷で待ち合わせいざクロコダイルへ、
今回陣取った席はステージからおよそ1mほどのカウンター席。アンプからの直音もばっちりです。

まずはビールを飲みながら、わにちゃーはんを注文。ぱくつきながら出番を待つことに。
今回の機材は白ムスメインであと、オレンジムス、野音の時も登場したギタザラス白のハリメのストラト。パンダ青とピンクのやつもsetupされてました。
アンプはマッチレスのスーパーチーフ。JLCの時はDC-30じゃないんだー。
ムスタングで図太い音を奏でていました。

モーとにかく直音だから今回は勉強になりました。

ライブのほうは途中機材の不調もあったのですがとにかくアットホームな雰囲気の中進んでいきました。ほんとに楽しそうで、なんか連れのアマバンを見ているようで(いゃ、演奏はうまいんですよ)
たまにCharさん、ベースの加部さんにコードを教えていたり、、、、、、

しかしジョニーさん調子いいですわ。来年六十なんて信じられない、スーパーグル―ビィンなビートをたたき出してましたね。

白ムスが欲しくなってきました。んーいかんいかん。

しかしほんとにひさびさに楽しい一夜になりました。

夢来さん、ありがとうございました。



別窓 | Char | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨

理想の音

20080831215206.jpg

つつけていくぞー


昨日、Realの練習でした。
実は9/13もライブがあるんですよ。

場所はアポロシアター、今度はエレキで行くんだけどね、

挑んだ機材は

Badcat cubⅡRに ケンタウルス、CE-1、アフターバーナーをつないで、
アマノジャ娘ちゃん、

デマシタ―

これ理想の音にかなり肉薄。

というかこの音量ではベストといってもいいんじゃないか?

前、やっくんさんにCharサウンドの肝はコピーキャットもそうだけどCE-1も重要じゃないかなとのことでしたけど、ほんとそうですわ。 やっくんさん感謝です。

CE-1でLowにしてアウトプットをあげてやるとなかなか良い感じ。
アフターバーナーつながなくてもいいっすね。

あとは現場での音量次第だね。

2~50ライブハウス規模だつたらこれでオッケー

2~300規模だったらどうかな?










別窓 | Char | コメント:3 | トラックバック:0
∧top | under∨

Real! 名古屋ボトムライン参戦記 その1

さー
ボトムラインです。

やっぱーこの箱でやるのは感激ですねー。
だって、ここでね、ディープパープルのグレンヒューズ、レインボーのロニー見たモンネ。

当日三時入りなので、前に一時間ほどスタジオで音だししてボトム入り

リハだよん
リハ2008_04182007-12-240005


機材はマッチレスhotbox、マクソンのコーラス、OD-3、アンプは箱のJC-120
ギターは迷ったんだけどSmokyのカッティングに向くジャパムス改

当日親指皮がめくれて、バンドエイドしたんだけどカッティングのときに弦に引っかかる、
まいったっす

リハでは気張って、アンプのボリューム5でやったらスピーカー暴れまくりでだめだめちゃん
本番はちょっと下げました。
で、やっぱりステージのでかさは気持ちいいー、だけどなんか乗れずに本番を迎える。

当日は7バンド
3バンド目はウサミッチとのギターディオ、スローハンド(当日決定のバンド名)
スローハンド2 2008_04182007-12-240011


ギターはヤイリのWY-1 リッチーも使用の一品。
マーチンみたいな煌びやかさはないけど、素直で素朴ないい音です。
私の裏No1。(娘もちょくちょく弾いている模様)
SETLISTはクラプトン、
ブルーアイズブルー
ワンダフルナイト
チェンジザワールド
三曲。 二時間しか練習してなくて、最初の一曲はビビッていたんだけど
まー何とかです。

しかしウサチャン、クラプトンいい味出してましたわー
アコギディオって好きだなー

まーBAHOみないなのもやりたいなー

ということで次はRealへつづくーーー



別窓 | Char | コメント:5 | トラックバック:0
∧top | under∨

MATCHLESS DC/30がーーーー

ちょいと前にGrounWideさんからメールが、「こんどイイ娘入りまっせー、どうでっかー?」(ほんとはもっと普通の言葉でした。) マッチレスDC-30のことです。

まえからすんごくほしかったやつ。
Charさん使ってる奴。

実は以前、GrounWideさんのデジマートにのっていて、すぐ電話したんだけど「今、売れてしまいました」。。。。。。
それを覚えていてくれたのでした。
ありがたやー

お値段もリーズナブル、が
今度はいるという物は色がちょっと欲しい色とちょっと違ったのです。
残念。。。。

しかしこのアンプ。初期型はちょっと音が違うらしい、とGrounWideさんのコミュニティに書いてあった。
Charさんのは初期型。
シリアル1500番くらいまでが違い、とーってもレアなものらしい。


んーーーそうなのかーーーー
違うのかーーーー


現行ものは弾いたことがあるんだけどね

違うとなると、そっちが良い、でも予算スーパーオーバーなんだよね。
現行型の中古でも自分のコレクションを処分しないといけない。

だいいち初期型なんてそんじゃそこらで出るわけないし

んーーーーーー

でもでもーーー

来年のゼミコンサートは名古屋ダイヤモンドホール。
Charさん名古屋でやるときのホームなんだ。
そんなところでLIVEできるんだから同じアンプでやりてー


まずはギター2本、ランドグラフDOD、クリーンブースト、ヤフオクにだすべー


っとこの二日間の頭の中、実況してみました。







別窓 | Char | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
BACK | ロックでなし☆おやじのストラト三昧 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。