ロックでなし☆おやじのストラト三昧

Charとリッチーブラックモアとストラトキャスターが三度の飯より好きなおやじのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

チャ―とチャーハン

KC380119.jpg

さて、今年もそろそろ終わり近くなり、平成大不況のあおりをくらいまくりの最近。
ぱーっと明るくいくぞー、ってなことでモチリソサンと東京へ

向かった先は原宿クロコダイル、
お世話になっている、楽器屋さんグラウンワイドサンの忘年会です。

といっても並みの忘年会ではなく、なんとJLCのライブです。

JLCは昨年、グラウンワイドさん主催のジョニーさんのバースディパーティ、この間の野音と再結成したのですが、なかなか遠方でもありいけなかったのですが、今回は縁があり参戦できることとなりました。グラウンワイドさん、感謝感謝です。
20081221170016.jpg

モチリソサンと渋谷で待ち合わせいざクロコダイルへ、
今回陣取った席はステージからおよそ1mほどのカウンター席。アンプからの直音もばっちりです。

まずはビールを飲みながら、わにちゃーはんを注文。ぱくつきながら出番を待つことに。
今回の機材は白ムスメインであと、オレンジムス、野音の時も登場したギタザラス白のハリメのストラト。パンダ青とピンクのやつもsetupされてました。
アンプはマッチレスのスーパーチーフ。JLCの時はDC-30じゃないんだー。
ムスタングで図太い音を奏でていました。

モーとにかく直音だから今回は勉強になりました。

ライブのほうは途中機材の不調もあったのですがとにかくアットホームな雰囲気の中進んでいきました。ほんとに楽しそうで、なんか連れのアマバンを見ているようで(いゃ、演奏はうまいんですよ)
たまにCharさん、ベースの加部さんにコードを教えていたり、、、、、、

しかしジョニーさん調子いいですわ。来年六十なんて信じられない、スーパーグル―ビィンなビートをたたき出してましたね。

白ムスが欲しくなってきました。んーいかんいかん。

しかしほんとにひさびさに楽しい一夜になりました。

夢来さん、ありがとうございました。



スポンサーサイト
別窓 | Char | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨

ザ・ギターマン 特集:RBギターズ

RB1.jpg

やっと来た。
アマゾンで予約したもののなんか在庫がなくてキャンセルしようとしたら来た。

しかし、こりゃすごいな。

17才のころから好きで、音源とか資料とか買いあさっていて、途中空いた時間はあったのだけど、国内の資料本はほとんど網羅したつもりなんだけど、これ最高峰です。

まず写真がデッカイし、その写真もはじめてみる写真が多いし、使用ギター一本一本深く掘り下げています。

それにも増してアンプをここまで掲載した本はなかったんじゃないかな。
けっこうお気に入りのシャーシをずぅーと使ってたのね。
当時のセッティングも分かる写真もあるし。(分かったからどぅってことないんですけどね)
しかもかなりナブッテタンダね。ドーク氏の貢献は大きかったんだ。

しかし当時はネットもなかったし、情報が少なかったよね。

二期から三期になってギターの歪みが変わったのもマスターVrかなんかのおかげだと思ってたのがあのテープエコーの仕業だと知ったのも40になってからだもんね。

またこの本の監修されているのは日本で一番RBに近いと思っているマイミク様。いろいろなことを教えてもらッテマス。お世話になっています。

その方からの仲介で手にした、シェクタ― F-500T、当時はF-500を付けていたとされていたんだけど実はF-500Tのほうでタップをしていてターン数を減らしていたみたい。

すげー発見でした。

しかし三十年も前のことが今分かってくるなんてねー

んー、何書いてんだかわかんないって人が多いと思いますが、マニアにはたまんない訳ですよ。




別窓 | リッチーブラックモア | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ロックでなし☆おやじのストラト三昧 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。